disk 1 遠い笛の音

南米アンデス地方の音楽「フォルクローレ」をベースにしたオリジナル曲を演奏する「ティンクナ」の 1st アルバム。 代表曲「遠い笛の音」、音楽劇「ふなや」のエンディング曲「天の光はすべて星」、岡田浩安の力作「大樹の記憶」などを含む全12曲。 福井 岳郎 唄、チャランゴ、ギター他 岡田 浩安 サンポーニャ、ケーナ他 吉田ユウ子 唄、パーカッション他

天の光はすべて星 とうもろこし畑
海へ 丘の娘は眠れない
さまよう街で [試聴]
淡い海
天上の島
遠い笛の音 [試聴]
大樹の記憶 夢はバスに乗って
トトラの島で 空の街


disk 2 月の音、聴いてる

「ティンクナ」が4年ぶりに満を持して放つ 2nd アルバム。 いつもライヴの最後を飾る強力曲「ピヨピヨ」、吉田ユウ子の柔らかい歌が印象的な「五月の雨に濡れて」、 タイトル曲「月の音、聴いてる」、アルゼンチンの名曲「花祭り」の日本語バージョンなどを含む全12曲。 福井 岳郎 唄、チャランゴ、ギター他 岡田 浩安 サンポーニャ、ケーナ他 吉田ユウ子 唄、パーカッション他
<ゲスト> 西元寺 哲史 ギター他 嵯峨 治彦 モリンホール、口琴

空の果て 月を待ちながら
風の人
花祭り〔試聴〕
天幕行 風穴
旅の空の下で 君の星
月の音、聴いてる [試聴]
五月の雨に濡れて
手品師ワルテル ピヨピヨ


スタジオ・ティンクナ(札幌)

福井岳郎 唄・チャランゴ・ギター etc 岡田浩安 サンポーニャ・ケーナ etc 吉田ユウ子 唄・パーカッション etc

1995年の結成以来、南米・アンデス地方の音楽「フォルクローレ」をベースにしたオリジナル曲を中心に、札幌を拠点にしながら全国各地で演奏活動を展開するバンド。チャランゴ・ケーナ・サンポーニャといったアンデス地方の民俗楽器を使いながら、伝統的なスタイルの演奏だけでなく、メンバーの作詞・作曲によるオリジナル曲を多数持ち、独自の音楽世界を作り出している。 これまでに「遠い笛の音」(1997年)、「月の音、聴いてる」(2001年)の2枚のCDアルバムを発売している。NHK北海道「音楽大陸北海道」(1999年)、バイオスフィア・レコード発売のオムニバスCD「TENPLANTS」 (1998年)、「TEN PLANTS 2」(1999年)への参加など、幅広いジャンルの音楽家と共演するかたわら、演劇・美術など他ジャンルの表現者とのコラボレーションにも意欲的に取り組み、音楽劇「ふなや」( 作=別役実、出演=常田富士男、音楽=ティンクナ、2001年・2003年)などの作品を公演している。


ティンクナCD(1st、2nd)はペンション ティンクナでお買い求めできます。2500 yen